プロに頼む?自作する?

自分で出来るところは自分でやる

ホームペイジを制作するにあたって自分でできそうな場所はすべて自分で行うようにしましょう。ソフトに頼ったり外注に出すのも良いですが、基本的なことがわからなければホームページを正しく運用していくのが困難になります。
自分で作ったページを自分で維持していくのが理想的な方法ですから、わからないことがある場合には検索したり専門書などを読んでホームページ作りを進めていくのが良いでしょう。ECサイトなどの場合には集客力を高める方向で、個人のページの場合には、なるべく多くの人に興味を持ってもらえるようにコンテンツを充実させていくことが大切です。ホームページ作りはコツさえ覚えてしまえば楽に作れますから是非挑戦してみましょう。

難しいコンテンツは外注に出すのもあり

アクセス数を上げるためのSEO対策や、難しいコンテンツなどをページ内に設置する場合には、外注に出す方法もあります。
難しいコンテンツというのは専門のプログラマーなどに任せなければならない場合も多く、制作自体が素人では困難な場合があります。こういった難しい作業を一から覚えていくのは時間も労力もかかりますから、フラッシュなどのコンテンツやサイト内に置いておきたいアプリなどがあるなら、外注に出して作ってもらいましょう。ホームページを専門的にコンサルティングしている業者もあり、そのような業者に任せると自分のページの改善点や、工夫すべき点などについてもしっかりとアドバイスしてくれます。自分でやるのは基本ですが時には手助けを頼むのも悪くはありません。

現在インターネット上では初心者でも簡単に無料でHPを制作できるサービスがたくさんあります。既存のテンプレートが利用でき、使用しているうちに感覚的にHP制作の仕組みが分かるので、入口としておすすめです。