必要なものは揃えた!あとは組み立てるだけ

ホームページはHTMLと言うテキストベースの記述言語

ホームページはブラウザで表示されるもの、ブラウザのメニューの中にソース表示があり、これを利用する事でホームページのテキストベースのコンテンツが表示されます。
これはHTML文書と呼ばれているもので、ウェブサーバーの中にあるHTMLを呼び出してブラウザが先頭行から解析を行って、ブラウザ画面に表示させユーザーが解り易いウェブページとして表示させると言った仕組みになっています。
HTML文書はホームページを作る上で必要不可欠な記述言語です。
しかし、HTML文書だけでは画期的なデザインを作り出す、ユーザーの要求に応えられるインタラクティブなウェブページにする事は出来ません。
デザインについてはCSS、インタラクティブなウェブページにはJavaScriptなどが必要になるのです。

画像や動画はリンクで紐づけ

ホームページの中には画像や動画を表示すると言うケースが多くありますが、HTML文書はテキストベースの記述言語であり、HTML文書内に画像や動画を埋め込めません。
画像や動画と言うのは、HTML文書とは別の場所に格納をし、HTML文書内には表示したい画像や動画ファイルのパスやファイル名を記述すれば良いのです。
ユーザーからアクセスの要求を受けると、ページの先頭からブラウザが解析をし、そこに画像や動画のファイル名があると、指定の場所からファイルをダウンロードしてブラウザに表示させると言う仕組みになります。
そのため、画像や動画は個別に用意しておけば、HTML文書内ではファイル名などを記述するだけでホームページが作れちゃうと言う事なのです。

ホームページ作成の方法には、専用のアプリケーションを使う方法と汎用のワードプロセッサーを使う方法があります。汎用のワードプロセッサーを使うのであれば、保存時にHTML形式を選択するのみです。